2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2021年6月12日 (土)

異例中の異例な例、

北海道ナバホがどうしてアジト系なコジンマリテナントで誕生してのか?

来店された方によく聞かれます。

 

〇そもそも北海道ナバホはURALオーナーの集う集会所だった

 

開設当初はURALの展示とURALオーナーの交流の場として二年前に誕生しました。

当然、ホンダ販売門真の窓口も兼用でしたので北海道唯一のURALディーラーに間違いはありません。

しかし、ホンダ販売門真のスタッフが常時いない状態で特定整備は出来ないと言う事で考え出されたのは、

 

〇ユーザー自身が整備できる場所を開放する

 

実際に二輪自動車整備認定を申請しようとしたら2平米足りない為に没となりました。

と言う事で特定修理と整備に金銭を頂き作業する事は出来ません。

なので「ユーザーが自分で整備できる場」と言うアジト系からユーザー自身が整備するサンメカ対応自由空間が誕生しました。

 

〇保証申請等はホンダ販売門真スタッフの確認の元、速やかに車両は大阪ガレージに移送される

 

ホンダ販売門真の得意芸として社長自らがトラックにて車両搬送を行います。

特定整備個所に関しては大阪ガレージにてメンテナンスされ早々に札幌に戻されます。

最近は部品入荷が極端に遅く、修理期間に数か月を要する場合もあります。

 

〇RE(ロイヤルエンフィールド)正規ディーラーになってから

 

昨年の夏以降、ホンダ販売門真の北海道窓口なる北海道ナバホが正式にロイヤルエンフィールドの正規代理店に

なりました。スタッフも全員メイカーの研修を受け、一連の仕事をこなすまでになってきました。

ユーザーガレージにて対応する車両数があまりにも多くなり、当初のアットホームなフリーガレージがホンダ販売門真の

ガレージと兼用となっていきました。当然の事ですがスペース的に足りません。

 

〇ガレージが狭ければ増やせばいい

 

昨年末、とうとうフリーガレージ以外に倉庫兼簡易整備のできる拠点を増やす事にしました。

お陰様でURAL複数台と二輪車両も同時保管と整備が可能となりました。

北海道ナバホ・モペットワークショップの立ち上げです。

元々ホンダ販売門真はスーパーカブお得意の町工場でございます。

スタッフもカブ好きCD好きとなれば必然的にURALと対照的な個体の整備場所が必要となった訳です。

 

〇URALの販売が好調なのは喜ばしいが…、

 

ショールームオンリー・フリーガレージ併設な上、ロイヤルエンフィールドと混在するアジト店舗。

まあ狭い上に少し離れたガレージ間の移動はアクティ―トラックオンリと言う事で地味に辛いのです。

この上…夏に来るアレ350ccが人気出ない訳が無い…。

 

〇大きな転換期を迎えるのだろうか??

 

先ずは複数台が保管できるガレージと販売店舗の別体化、里帰り(本社送り)せずに完結する認定作業場。

複数人が来店できるショールームと北海道ナバホ・URALスペース北海道の事務所。

今は全てワンフロア―にて活動していますが近い将来は普通の店舗として活動する考えではあります…が、

 

〇そんな都合のいい場所は近くには無い??

 

ホントないんです。

家賃50万円前後出せば一般的な店舗・駐車場・ガレージ工場併設の広い場所が手に入ります。

そんな費用誰が出せますか??(だってもともとURALオーナーの社交場ですし)

社長のサッポロ~オオサカ便のコストを考えたら余裕じゃないですかと他店の方からよく言われます。

 

〇北海道ナバホは「社長の道楽店舗」ではありません

 

URAL好きなオーナーが自分たちの不便(島国・ディーラー・部品が無い)を互いに助け合い楽しくエンジョイ出来る様にと有志が集って

維持・運営・フリーガレージ提供をしているのです。

そんな有志が一生懸命頑張ってURALマン専用のURAL宿泊所(フリースペース男女別)を常設したり、

運営のお手伝いをしたりと皆必死にかんばっております。

 

〇好きだからこそ無茶無謀が出来る、そして妄想は早送りで現実化する

 

URALスペース北海道を立ち上げて、URAL北海道Nabajoを作り、終いにはRoyalEifield北海道までこさえてしまったのも

妄想から始まりあっという間に現実化したと言う事です。

(多分、いまのHIMALAYANが総走行距離1000km行く前に2022モデルがロ―ルアウトしそうでコワイ)

 

〇でもって今後の展開は一体…

 

はい、妄想はあっという間に現実化致します、これは事実なんですよね。

メテオ350が登場する頃には悩みもある程度は解決すると思います。

 

とりあえず、妄想を膨らませて明日を乗り切ろう!!

2021年6月 9日 (水)

新車ウェイブ、

さあ、本格的な単車シーズンになりましたね。

北海道でも日中は気温が上がる上がる。

といって半袖でいたら昼から日陰になって寒い。

 

いつもはのんびりと休暇をエンジョイする6月ですが…、

今年は全くその気配がありません。

つまり…本土から次々と新型が上陸してきます。

その数…URAL6台RE2台。

 

ガレージが毎日戦場と化しております。

待ちに待ってたとオーナー様は喜んでおります。

2021モデル最終バージョン…製品的にはここ数年で一番いい状態なんじゃないでしょうか?

 

オーナー様にURALの本当の楽しさを教えてやってくれー!!

そんな思いで最終仕上げを進めていきます。

 

最近は便利さを追求する為にサイドカー側のアクセサリー電源同期化を始め、恒例のハザードキットとLED化。

出来れば古いイメージをそのままにと外観ノーマルで中身最新型にと希望されるオーナー様が多い。

 

なるべくならスマホ充電とグリップヒーターあたりで完結して頂きたいのですが、寒さ対策の電熱化計画を推し進める方もいる。

 

発電機が大型ハイパワーでもURAL内を走るワイヤリングは決して太い物ではありません。

要望を確実に聞き入れ、出来れば電熱化に対してワイヤリングも専用の物をこしらえていきます。

あくまでもオリジナルのワイヤリングには一切の加工をせず、アクセサリー同調用のリレー配線のみ頂く仕様。

バッテリーから専用の配線を別に用意して装着いたします。

当然ながら側車箱には最低限の加工か無加工で済ませるのが一番良い。

 

錆止加工も出来ればノックスドール系の厚手の物よりマフラーコート位の薄手の無光沢がいい。

私のマシンは3Mのマフラーコートを重ねて塗布しましたが2年過ぎても剥離せず錆無しの状態です。

錆に関しては持論があり、どちらかと言うと何かを錆びさせ他を錆びさせず一手に引き受けてもらう感じ。

 

高圧洗車ガンや洗車ブラシを使わず弱い流水でファイバークロスで撫でるか1980円の噴霧器でチョロチョロ塩カリを流す。

まあちょっとは錆出てる個所もありますが4年目の車両としては状態も良い。(そりゃエアコン完備のガレージ内に展示だもの当然ですごめんなさい)

 

さあ、今年は色々新しい試みを始めています。

ガレージ作業で何処までカスタムバリエーションを増やせるか…ですね。

 

そうなるともう溶接機が欲しくなってしまいます。(いかんいかん…)

 

 

2021年5月31日 (月)

あっという間に年の半分に、

最近、帰宅してすぐに就寝、起きたら出社、帰りにガレージのルーティン。

実際に6月になれば超絶ハードなURALタイムが7月末まで続きます。

ここ1週間程度は事前準備でゆっくりしていたいですね。

ツーリング出来るのもお盆あたりですねぇ、

 

阿蘇か弟子屈か?

 

うん、未だ未知数。

2021年5月23日 (日)

体調不良が改善しません、

ここ最近、いや春前にガレージ前で足を滑らせ後頭部を思いっきり強打したあたりから体調不良が改善しません。

素直に病院に行けばいいというお話ですが、地味に365日全く何も考えないでボケッとしている休暇が1日も無い。

先日ようやく20kgの減量に成功しリバウンドも全くない状態を保ちつつありますが、左手の痺れと頭の片頭痛(最近発生し始めた)に

地味に悩まされています。(ある程度仕事が空いてくると治る)

 

先日のGW深夜ライド(結局林道ライドは出来なかった)でも以前より航続距離が少なく体力消耗は激しかった。

 

まあ、年のせいなのでしょうけれど…今しか出来ない事はトコトンやり続けます。

 

いよいよURAL2021モデル最終オーダー期日が迫ってきました。

次期URALに関しましてはユーロ5対応にて価格が相当上昇するとの噂が飛んでいます。

確かに新型の排気ユニット等を搭載すると言う事はコスト的にも上昇する事は間違いありません。

ここで問題なのは、

 

今迄の平成版URALが令和版URALに変化する事により、

 

「より高性能な仕様に生まれ変わる」

 

という点もあり、

 

「今までの癖のあるレトロ感覚のURALではなくなる可能性がある」

 

という点も考えられます。

 

常に新しい装備と技術が高品質・耐久性・安全性を生み出す…、という概念と、

今迄の耐久性と引き換えに手軽で便利になったが車両自体は繊細でデリケートな仕様になる?

と言う事も考えられます。

 

キャブ仕様のURALが以前ガレージにご来店された事がありましたが、

エンジン音はとても静かでスロットルもスムーズだったのが凄く印象的でした。

現状のEFI仕様では手軽で便利になったのですが電気系トラブルと部品関連の精度向上と共に新たなる問題点など、

考えさせられる部分は多々多い状況で御座います。

 

自動車関連でも言われている、

 

「フルモデルチェンジ時はちょっと様子を見よ!!」

 

的なコメントもそこそこ当たっているのかもしれません。

 

過去のトラブルが解消されるのは本当にありがたい事ですが、既存のカタチに最新パーツがなじむかどうか?

URALの個々人の使用用途的に適したアップデートがなされているのか?

等を考えると、もしかしたら今の市場環境に適したアップデートがURAL自体の味というモノを薄めているかのようにも感じます。

(ここに関しては個人的思考ですので参考にならないかもしれません)

 

昔から言っている、

 

URALは2018モデルのエンジン個体にケイヒンEFIを装備した仕様が最強なんじゃないだろうか説。

ついでに2019モデル以降のオイルパンとポンプ・ストレーナー装備でワイヤリングは2021モデル最終の物に交換。

もしくは2016/2017モデルにケイヒンと最新ワイヤリングを装着モノも強そうです。

 

後は過去の諸先輩のトラブル一覧を確認し、油管理と消耗品関連のチェック、ラフな走行後の各部締め直しを実施すればよろしいかと思います。

 

今年はライド自体が少ない可能性が大ですので細かな錆取りと各部品のクリーニングと調整を済ませ夏のライドを楽しみたいと思います。

 

まあ夏にライド出来るかが問題でもありますが、果たして…、

 

HIMALAYANで過ごすか、

GTをこっそり用意して弄るか、

classicのデモカーを作って走らせるか、

 

URALで阿蘇古民家の再生計画にて脱北するか?

 

どうなりますか?一応体調次第と言う事で。

2021年5月 8日 (土)

URALの巷話、(ほぼ愚痴っポイ)

ウチのウラルは2017モデル、

ソコソコ日本国内で売れ始めた頃のマシンです。

大抵乗っていらっしゃるURALマンで初期インジェクション車両は2015-2018モデル。

その後大々的に変更された第二世代インジェクションが2019-2021モデル。

 

URALをネットでお調べになった方の99%は「URALは直ぐに故障する」と思っているようです。

 

ズバリ、壊れます。

 

という言い方が悪いですね、正直言えば全く壊れません。

壊れるの程度の問題なのです。

 

国産バイクも海外バイクも基本的にはそれ程の耐久性に違いはありません。

国産のカローラやフィットからすれば大抵のバイクは皆壊れやすい代物です。

要は「どこからが故障と判断する?」と言う事です。

 

ちょっとでも異音がしたら「だからURALはロシア製」と言ってしまいがちですが、

私が乗った今までのバイクの中で一番故障率と修理費用の掛からなかったモデルはURALです。

これに関しては二十歳の頃からエンジン付き車両メイカーで働いておりました自分だから言える事です。

(あくまでも販売一筋25年ではありますが)

 

アフリカツインもバハもCBR400もAX-1もモトコンポもTDM850もR1200GSAも、正直言えば故障しているが

今現在どうなっていて、これからこういう壊れ方をする…という感覚がギリギリまで分からない。

何となくこんな感じだろう程度で乗っていて整備に出すと偉い数の不良個所が出て来る。

ギリギリまで分からないように乗れるマシンってある意味全力でアクセルを開ける事が出来ないんです。(結構理解して頂けない点)

ギリギリまで分からないとカーブでもハンドルやブレーキを思いっきり作動させられない。

気を使った操作でのライド程ストレスが溜る事この上ないのです。

 

その時代の私はバイク乗りとしてド素人&自動車乗り感覚だったんですね。

整備は人任せ、走る以外ほとんどノーチェックでパンクもしない。

タイヤ交換とオイル交換すら人任せで走るオンリー。

まあ、そういったライダーも多いと伺ってます。

多分、それで気になる箇所はお金を払って調整してもらうのが普通なんですよね、一般的に。

なのでURALに乗った方がまず初めに言う言葉が「ロシアンルーレット」「ロシア製の品質」色々。

 

URALや一部国内・海外メイカーの車両はその安全マージンが限りなく狭い幅しか持ち合わせていない。

つまり、大抵は調子が悪い感覚にとらわれる。(実際は許容範囲内だったとしても)

実はURALの場合、セッティングが完全にあっている場合は超絶素晴らしいライドを味わえます。

しかし、その特徴的なエンジンや車両特性のお陰でまあ調整がなかなかフィットしないのなんの…、こればかりは乗り手本人が

自身で調整出来なければ分からないレベルまで奥に奥にとハマっていきます。

(実際は許容範囲内なのですが…)

 

URAL自体、全てお任せライダーでも実際維持は可能です。

ちょっとだけ予備知識と調整方法を知っておけば問題無く乗れます。

但し、ネットオンリーでどうこうとするのはご注意を!!

ここで話は戻りますが「壊れている?という感じ方の違い」が地味に悪さいたします。

 

過剰整備や状況判断ついでに分解大好きなユーザー様の動画なんかを見ながらエンジンの蓋をぱっかり開けちゃう方…、

調子が良いモノをあえてバラしちゃう行為は大抵元には戻らない事を心の片隅に置いておいてください。

常にココの調整は確認を…なんてゲージを当てて何ミリですね!!なんて事は不調になった時に実践すればいいのです。

タペット音がカシャカシャうるさいから…って何キロ乗ってのオハナシ?

調整してもなかなか鳴りやまないんです…調整ばかりしてネジ舐めってませんか?

私は16800km走りましたがタペットの異音すら致しません。(調子良いので一切いじらず)

よっぽどアタリを引いたのか??ってなりますが、決してあたりは引いていないのです。

ついでにオイル漏れもしませんね。(滲み程度はありますが)

新型のオイルパンとオイルポンプに交換しましたが…ついガスケット再利用したオチですが…はい滲みすら致しません。

 

多分、速度や登坂など無理をさせることはありますが無茶やアクロバット走行や過積載・片輪走行などしないのが良かったのか??

インジェクションの致命傷は数知れどありましたが数回の連続バンク以外に特にトラブルはありません。

 

エンジンチェックランプの点灯やO2センサーの故障、ファイナルギヤからのオイル吹き上げやイグニッションコイルの融解などは故障トラブルのうちには入りません。(あくまでも付随するパーツやオイル、機器の不調はURALの根本的な故障では無いからです)

 

あと、自身のバイクがちゃんと整備出来ればある程度運転にも自由度が増えるとありますが、

これは事実ですね。自分のURALのエンジンを開けてみたりタイヤを交換したり、各種調整等が出来る様になると意外と運転にも整備にも限界点が分かる様になりより一層楽しくなります。

 

はい、ここまで読んであんたURAL扱ってるんだから当然でしょう?みたいな感想を抱いたかもしれないアナタ!!

中にはURALマンな方もいらっしゃるかもしれません。

 

私のURALは当たりでも何でもありませんが、特に問題無く夏冬問わず走っております。

修理代もほとんどかかってません。

ちゃんと保管し、ちゃんとした指定オイルを交換し、オイル・タイヤ・ガソリンはケチらない!!という諸先輩爺様の言葉を守ってるだけです。

悩みの種の案件もありません。(すまぬ、新EFIキット初号機なのでEJの件はまた後日)

これからどんどん出て来るかも知れませんが、多分問題無いでしょう。

長距離乗っても阿蘇ライドしてもトラブル有りませんし。

 

調子が悪い、故障かも知れない、ここが壊れる訳はない、

 

国産アルカリ車両に乗っていたら口ずさむキーワード!!

 

「こんな事で壊れるなんてありえない」

 

しってますか??URALって他メーカーのオートバイから比べ走行帰還率が高いって事。

最悪の最悪なトラブル以外は自力で走行して帰還できます。(私はリタイヤしましたが)

 

まあ、正直つまらない巷話ですね、壊れない自慢かよ?

 

はい、壊れたのボーダーラインが超低いもので御免なさいませ。

 

(本文は相当偏った表現をしておりますので、ご注意下さい)

 

 

追伸…URALって本当に楽しいですよ、もう二輪には戻れないって感じるくらいに。

でも、偶には加速の良い二輪もいいなぁ…はいスペアに普通の二輪を持ちましょう!!

私はロイヤルエンフィールドのヒマラヤを一台カスタム製作しましたが未だに慣らしが終わりません。

そのうちにコンチネンタルGTあたりをカスタマイズしようかと思います。

偶にはカフェレーサーっぽいライドを、偶には林道をトコトコと、結局はURALで行っちゃうんですよね。

って事になりそうです。

2021年4月24日 (土)

察しと思いやりと、

まあ、日中の仕事は営業マンです。

ハッキリ言えば自分が好きでもないものを「良いモノ」として販売する系。

毎回思いますが…URALやロイヤルエンフィールドの営業マンなら心は幸せなんだろうなぁ。

まあ確実にお金持ちにはなれませんが、自分に正直な事が出来る気がします。

 

でも、仕事というのはそんなモノです。

生活する為に、ご飯を食べる為に、労働するのです。

仕事自体大好きですので問題ありませんが罪悪感はあります。

なので夜(ガレージのお手伝い)は好きな事を喜んでします。(生活も御飯も関係ない)

 

老後は好きなバイクに乗って地方をゆっくりと回るのも良いですねぇ。

お客様の自宅を訪問し、ちょっとした修理とアドバイスとご挨拶回り。

 

まあ仕事もプライベートもそうなんですが、

カタログが欲しければ「カタログどうぞ」、

商品を眺めていたいと言えば「ゆっくり気が済むまでどうぞ」、

特に買う気はないけど面白そうと言えば「コーヒー淹れるからゆっくりしていって」、

 

別に購入しなければ悪でも何でもありません。

やって来て何か新しい事に気が付いてくれたらいいなと思います。

で、困るのは購入する気はないのに「予算が合えばすぐにでも欲しいので見積ください」といって

そこにいる理由を作る場合…。

大丈夫ですよ、けっして「頼むから新車買って下さい」とは一言も言いませんし思いません。

本当に楽しみたいと思った方は入り口に着た途端目をキラキラさせながら笑顔で入ってきます。

ああっ、もう我慢できないんだなぁとコーヒーを淹れる準備をしますので。

URAL沼はかなり奥が深いのです。

割と若者から年配者まで気軽に取り掛かれるレベルでもあり、どっぷり浸かると年末に北を目指す人になります。

なので絶対に強制もしませんし、寧ろ趣味嗜好に合わない場合は丁寧にお断りいたします。

ガレージに飾ってる感じで低走行距離を程度上々と言われても地味に故障するばかりで御座います。

ヤンチャに走り回って壊す程度で丁度良いマシンで御座います。

 

ですから、気軽に遊びに来て下さいね!!って笑顔でご挨拶します。

 

まあ、どっぷり浸かってしまった私が言うのも恥ずかしい話ですが、

 

まあ、偶には愚痴の一つでもと。

 

 

2021年4月22日 (木)

コストコ石狩倉庫が暑いですねぇ、

決算決算総決算で体力消耗しすぎた上、ダンガン片道800kmを2日で往復する暴挙にて

左手と頭部右側に痺れとジクジク感が堪えない今日この頃です。

そろそろ何かしらの障害が出てきていますかねぇ、

先日の氷上での転んで後頭部強打と連続稼働600日頑張る私です。

過去色々事故だの横転だのを繰り返し、顔面もちょいと神経異常個所が増えております。

 

無理するなと言われても楽しい事はとまりませんね。

 

と言う事で久々の記事で御座います。

とうとうコストコ石狩倉庫がオープン致しましたね、

9a78d3513d414e499ccd14e0f9e44376

前日泊で列をつくるなんてお正月の福袋チョイスのようです。

売り切れ御免なんて事よりレジ待ち500mkの方が驚きです。

そんな中、熊本に続き石狩でもコストコ高額商品第3位に君臨するのが我が愛馬URAL。

 

コストコのURALはちょっとヤバい…、

 

690de04f162e445b9f79ce00bf3ed8c2

 

何がヤバいのかと言うと…いやいや当たり車両とかではなく、

 

「素直にオープンイベントの売り切れ御免価格」

 

正直言えばバイクディーラーが泣いてしまう様な超絶価格にある。

これに関してはUJとコストコが協議した結果であり、つまり購入者にとってこの上ないほどの幸運なのです。

 

URAL自体、販売時のお値引きは全くない。

余程の長期在庫処分でもしない限り販売時にウフフな価格はない。

と言うのも販売店にとってもURAL販売はとっても大変な事なのです。

(まあ販売店全てが徴税大変と言う事ではないのですが、やはり外車なのでそれなりに大変な面は多々多い)

 

私も正直な所、どうして捺印から1日でURALオーナーになり、その日のうちに恐怖を体感し自然体に乗れるようになったのは

だいぶ後の事でした。

そんな中…調子が良い悪いの基準点も分からないまま確認しようにもショップが無い、

はい、ココは日本の最北端の島…北海道。

URALの販売店いや部品在庫しているお店も無い。

 

当然ながらチェックランプが光っても確認するにはキーオフ連荘の簡易診断(当時は何故か成功しなかった)のみ。

取扱説明書は2014年後半モノ、私のURALは2017年モデル。

エセ外人ッポイ流暢にズレた日本語解説書の通りに操作しても決してエラーメッセージは点滅しません。

 

365日URAL整備が出来るエアコン完備のマンガに出てきそうなガレージがあったらいいなぁ~、

部品在庫は最低限揃っていて仲間内でワイワイとコーヒー飲みながらスパナ握る光景。

ごめんなさい、そんな妄想はアニメ化漫画の中だけなんです。

 

S__43139077

 

そんな事を感じたのはURALに乗り始めて2か月後くらいでした。

バンク大魔王と化し、ライドすればリヤタイヤがパンクするノロイを誰かがかけたんでしょうかね?

幸い下痢にはならなかったのですが。

 

ハナシが脱線しましたが、コストコのURALは真面目に凄いです。

今回はギアアップOD2台とサハラ2台(熊本店の在庫だった車両)UJの太っ腹な配慮とコストコのパワーがグイグイ感じます。

(価格等はここでは公表出来ませんが単純に計算しても個人的に涙が出る)

 

もう一つは国内在庫が無いというこの時期に目の前にあるという現実…今期の夏ライドに慣らし運転後間に合うタイミング。

普通にオーダーしてもお盆に間に合わないかもしれないというこの時期に確実に手に入るという安心感。

しかもサハラカラーにブラックエンジン仕様がウフフなんですもの、私が欲しい位です。

(私はジャーマングレーカラー信者になりましたから大丈夫…でもサハラカラーのREクラシック500には乗りたい)

 

まあ、詳しくは店舗内のブースにURAL関西ボスとオブザーバー、妄想から飛び出てきたURAL北海道の店長が3人おりますので

真実をその目でご確認ください。

まあアメリカさんの本気は私の予想の遥か彼方にあるようです。

 

と初日にOD2台共即決という事態に陥っているのもよくわかる。

 

風の噂では関東圏も1-3月に二桁にわたる受注をなんてうれしい話も聞こえる。

 

はい、URALに一度でも乗ったら実感します。

まあ中には合わない方もいるでしょうし不幸にも5円の無かった方もいる事でしょう。

実際、私が自分自身で満足出来ればここでの記事上では十分なのです。

ヒマラヤにも乗っておりますが、事実URALと比べるなんて事は致しません。

どちらかと言うとclassic500でしたらURALソロ感覚で乗れるなぁ…と欲しいんですが、もう完売ですからなぁ。

(多分一台は買うと思います)

 

Cd1362ff22f94fda81274687b8277018

 

URALに関して、最近色々と語られるお話でのトップに、

 

走行中にパワーダウンしエンストする、バッテリーが以上に放電してしまう、満開チェックランプが点灯する、というお話が

多々多いですね。

色々聞いてみると共通点はあります。(先ずは購入ディーラーにご確認下さい)

 

北海道でも色々御座いましたので一通りのデータはそろいましたね。

今後はそのデータを基に某アジトのデータベースにて蓄積し、今後のメンテ・修理の参考データにご提供出来れば幸いです。

全国のURAL販売ディーラーが力を合わせてURALユーザーの為に尽力できれば一番良いのですが、まあこの事に関してはタブーですね。

 

私個人的な意見としては、URALディーラー巡りをURALで出来る事がここ最近の夢なんですよね。

(過去にディーラー近くに行った際は訪問する事にしていました)

何事も教養と勉強は絶やさないと言う事です。

 

名古屋と大阪のヤングなURALマンの勢いの良さ、関東圏の紳士でやさしいURALマン、北海道内にもURALジェントルなオーナーも

沢山いらっしゃいます。

九州方面はパワーと学習能力が桁違いなヘビーオーナーもいらっしゃいますし。

 

そんな中、妄想を現実にするなんて摩訶不思議な事を平気で実行する我がアジトのポスの何と…まあいうと叱られるので。

 

コロナ渦の中、今年こそ北の果てで雪関連ではないURALイベントをとGWにまさかのオフロードミッションを企画

(冗談な話題が何故か現実に…)

実施する運びになりそうです。

まあ、行きたいのは自分自身ですから問題ナシです。

 

そんな事よりも…コストコ行ってみたいなぁ、(4日間絶対に行けない始末)

 

ホント…ちょっと貯金しておけばよかった、2021モデルURAL欲しかった。

 

S__7028824

 

 

2021年3月29日 (月)

そうそう、

もう三年も前になるんですね。

URALに乗って後二か月でURAL歴三年になります。

なんでURALになんて乗ったんでしょうかねぇ、

 

ずばり、何かヒーローモノかアニメのロボットに乗りたかったんですよ。

遥か昔は自動車に乗り、その後は英国の小さな車に乗り、そして自分の相棒とも呼べる乗り物に憧れながら、

 

人生をドロップアウトしかけたり、好きな事をし過ぎて生活出来なくなったり、

 

人生の底辺からの復活に10年もかけたり、そして何にもなかった自分の空白のソコにスッポリ入ったのが…、

 

URALだったんですよ。

 

何かの呪いでしょうかね、脇目もふらず二週間で購入を決め二日で納車されたURALは今でもちゃんとガレージで準待機中です。

 

多分、何かに夢中になりたかったんですよ。

Img_5402_20210330005501
2018年7月に開催されたつどーむイベントで自分のURALと初対面(既にイベント展示)

今でも思い出すなぁ、

「とにかく一度実物を見てからにして下さい、結論はその後で良いですから」

社長のとにかく待って下さいと言う電話の声も聞かず、

「その仕様にしていただければ購入しますから、展示会が終わったら置いていってください」

もう完全に壊れてましたね。

 

今迄にこんな壊れ方をしたのは多分無いかも知れません。

コレを見た瞬間に「コイツはワイのスコープドックや!!」

とむせてましたから。

 

人生って一瞬の出来事で変わるものです。

それまでは営業の仕事をしつつ、好きなアニメを見ながら時間があれば道の駅巡り。

憧れのキャンピングカーに乗っても仕事が忙しくて全然キャンプにも行けず、

ちょっとバイクが好きだからとR1200GSAに乗っても一瞬の瞬きでバイクを降りるし。

 

自分の将来の夢を、自分のしでかしたフシダラな生活で粉々にし、社畜と化す30代~40代。

今思えばお金と時間の無駄遣いでしたね。

 

いい経験にはなりましたが、少なくとも時間ともう一つ大事なモノを無くしてしまいました。

こればかりはもう手に入りません。

 

そんな空虚な無気力な時期に突如として現れた共産圏型スコープドック。

別に共産圏にどうのこうのと言う事はありません。

問題はそのスコープドックには破天荒な歴史がある事。

自分のマシンにとてつもない過去があり、未来永劫語り継がれている形。

鳥肌が立ちましたね。

 

乗ったら1分で死にそうになり一瞬本気で後悔しましたし、

でも、URALに乗ったその時からの人生は、今までの人生の数万倍楽しい出来事と出会いがありました。

この三年間はとにかく無我夢中で生きてます。

本当は20代の時に出会いたかった。

もっと馬鹿出来たかもしれない、だから…今失った時間を取り戻す事にしています。

流石にもう一つの事は無理なのですが、きっと今後未来にひょっこり現れるかもしれない。

 

556248828492797

当時はURALでキャンプに来ていましたね。最近は全然行けてませんが。

 

丁度ガレージが1周年を迎えた頃に一つの記事を見ました。

 

「ロイヤルエンフィールド正規輸入代理店が取り扱いをやめてしまう件」

 

何か気になったんですよね、実はその前まで気にもしていませんでしたが。

何で今までモブキャラ並みに売れていなかったんだろう?

 

と色々調べていたら…見つけちゃったんですよね。

 

「HIMALAYAN」日本名ヒマラヤ、

 

過去、DTやXLR-BAJAやAX-1に乗っていた20代の頃を彷彿させる野郎、

実は札幌からXLR-BAJAで良く旅に出ました。

しかし、仕事明けの夜から出発すると燃料タンクがカラになり給油できず

に(北海道特に道南圏は深夜スタンドがない)行き先が限定されてしまう。

 

もっていた過去のバイク用バックやノースのバックをリヤに括り付けて

何度もタチゴケしてました。

 

そんな思いが立ち込めた瞬間に「新しい輸入代理店が決まったら欲しい」と

まあ呟いた訳です。

 

まあ社長の勢いとタイミングもそうでしたが…そんな時期からもう一年です。

もう10台近くも販売してたんですねぇ、うっかり呟くもんじゃありません。

 

ロイヤルエンフィールドもなかなか破天荒っぷりな120年を迎える世界最古な

単車メーカー。

正直いって本国の気合いに感動しましたね。

どっかのメーカーと違って制度と売り上げだけでポイポイ会社カラーを変化する

某国産メーカーとはそもそもレベルが違いすぎますわ。

 

URALとロイヤルエンフィールド…全く違う2つのメーカーにちょっと共通項を

見出してしまいまして、これからの人生はより一層楽しみで仕方がありません。

 

はい、営業の仕事は好きですが売っている商品にヒトカケラの興味もありません。

そんな仕事より何万倍も楽しいと思えるのが…事実、本音ですね。

 

Image-1_20210330013401

地味に何回も近くに行った事あったのに存在すら知らなかったホンダ販売門真。

 

まあ趣味の延長線上にと提案したフリーガレージ構想は、じきに北海道Nabajo

となっていきます。

色々な方がご来店いただき、色々な方が愛車を手にし、そして皆でガレージに

集まって楽しい談笑をする。

 

十代の頃に見た漫画か何かで見た光景に少し似ている。

 

これが「人生楽しい」なんですね?


Img_5400_20210330014101

デフォルト状態のURALファーストバージョン、これはコレでカッコイイ!!

 

さて、もうすぐ4月ですね!!

今期も楽しくやっていきましょう!!

 

E395f884d65c4cdcbddcbb3f9634979b

現在のURALバージョン世紀末型、正直もう装備は増やさないと思います。

 

さあ、明日はロイヤルエンフィールド試乗会の後始末で御座います。

ピカピカのGTやINTとももうお別れですが、大丈夫…HIMALAYANあるから。

 

012ab762a7754f6eb84219e18a7ea8cf

2021年3月27日 (土)

投稿拒否??

大変申し訳ございません。

決算時期と言う事もあり仕事が忙しい以上に体調も壊し気味にてなかなか投稿していませんでした。

決してサボっていた訳では御座いませんのでお許しください。

3月は月初の健康診断にてバリウム検査からの不調で睡眠障害に陥る。

楽しい楽しい北海道モーターサイクルショウを思いっきり満喫し、

S__7028772

その後は試乗会という名のガレージイベントで更に楽しいヒトトキを…迎えていません。

6c366e39bbad4d949675aecdadb13f5c

試乗会終了後にしかガレージに寄れず、楽しい話題に耳を傾けると言う事が精いっぱい。

まあ、仕事が忙しくなかなかガレージに行けないのは仕方が無いのです。

S__43048962

2月にガレージ前の氷上にて転び後頭部を強打してからクビが痛い。

ついでに後頭部も後遺症が残ったようで痛みと頭痛が残っています。

 

というのがここ一か月のダイジェストですね。

 

それ以外に関しては概ね問題ナシです。

REも販売好調ですしURALも年間販売計画通りに進んでいます。

正直、今年は時間を設けて走りに行きたいですね。

オフロードもそうですがオンでもメインルートを週一で走る様なルーティーンを構築したい。

 

classic500militaryが販売終了し、地味に単気筒500ccユーロ4仕様が無くなってしまった。

今思えば一台位買っておいても良かった。実にトルクのある面白い車体である。

無い物ねだりをしても仕方が無いので夏あたりに登場するMさんに乞うご期待です。

トリッパ―ナビが欲しいんです。(個人的趣味)

2021032401

4月早々リフレッシュ休暇頂き実家に帰ろうと思います。(一瞬だけ)

まあ結局は何かのついでにココに居るという感じにはなってしまいますが、

 

「URAL熊本Nabajo」

 

の誕生という大イベントがありますねぇ。

どうせならビックリドッキリ企画を考えたい所ですが、如何せん体力が…。

S__39821324

まあ、今年もコイツで色んな所に出没する訳ですが…、まあ行き先はお楽しみと言う所で。

 

本日はロイヤルエンフィールド試乗会後編一日目お疲れ様で御座います。

明日二日目が試乗会最終となります。

皆様是非是非ご来店ご試乗宜しくお願い致します。

 

私は普通に仕事です。(泣)

 

2021年2月22日 (月)

(2019年3月10日)サッポロモーターサイクルショウ URALブース

 

昨年はコロナ関連の為に中止となった年明け早々のオートバイイベント

「サッポロ モーターサイクルショウ」

2020年1月に行われた札幌motor showから約1年、とうとう開催されますね!!

8c0462db08134cb6a9bc7793908c615e

考えてみたら2019年3月…実は北海道Nabajoはありません。(構想は出てました)

URAL JAPAN の看板を掲げ、北海道にURALをアピールするのはホンダ販売門真

の代表「山野 昌宏」と同行していたスタッフ1人のみ。

車両はまだガス検も済ませていない組み立てたばかりの最新URALギアアップ。

社長自らがこのイベントの為に急ぎ完成させ北海道に持って来たのだ。

D24e789ed7c44c07ae1423379bcb5d87

周りのブースは華やかにディスプレイされたピカピカのオートバイが何台も飾っ

てあるのだが、URAL JAPANブースは簡素なテーブル一本にURALのみ。

URALディーラーとしては大手の大阪ショップではあるが日本メーカーの派手な

インパクトは全くありません。確か2年前は2017モデルURAL(実はここにある)

とURAL JAPANのブラド社長もいらっしゃったと記憶している。

Ad9ce7535a3e40438a77921433419c83

2年前に展示していた車両はホンダ販売門真の試乗車となり、最終的には1年前の

つどーむイベント時に会場にてご成約し翌日オーナーの元へ納車された。

何のご縁なのか?2年振りにアクセス札幌に展示されたURALには当時の面影は

全くない。完全に武装(オプション装着)された状態で最新モデルと共に展示された。

79550efc57604c2fb3f780c0b27d47dd

このイベントから2ヶ月後にオープンした「URAL北海道Nabajo」の常時展示車

となる2017モデルURALの初期オプション版、オーナーは北海道Nabajoの代表

「めいっち」氏である。2018年6月に初めてその目にしたURALに一目惚れし

一週間考えた後、URALユーザーの紹介でホンダ販売門真へ連絡した事から始まる。

3c8e680b05b24f13a39ffbc9e356bc1b

7月にイベント参加で札幌にやってくると聞いた時点で購入を決断したという。

結果、展示会に飾られたURALは本人が希望した装備をつけた状態で展示され、

車両確認を終えた後に契約書にサインした。で、その翌日に納車されたと言うのだ。

当然ながら前日に支払いを終えていたというから本人の気合が十分伝わる。

Aefcc5ba226a49cf83220bc8cedba2f1

全く乗った事のない右側車のオートバイ。当然ながら直ぐにスイスイ乗れる訳も

無く「初めて乗って5秒後にクラッシュする所だった」と今でも彼は笑いながら

その当時のことを笑いながら話す。左に進んで行く車体をうまく制御出来ず、

ガードレールにぶつかる寸前で急ブレーキをかけ停車したと言う。

先日までR1200GSやXL1000バラデロを乗っていた大型バイクライダーの彼が

その瞬間にURALの虜になったという。サイドカーを自由に乗りこなしたい!!

そんな思いが彼自身…とんでもない意外な行動に出る。

13a6fc766483400f8432684556b8d634

北海道のライダーがURALを購入してもアフターしてくれるショップが一軒も無い。

彼が一番気にしていたのは「アフターサービス」と「消耗部品調達」の2点。

社長の山野は「何かあったらすぐに連絡してくれたら大阪から来る」と言って

くれたのだが、購入してから1ヶ月もしないで究極のトラブルが発生する。

Cc6edd6745ac4ba4821e3ab01e173053

初めての長距離ライド、積丹半島を走り…いくら丼を食らい…北湯沢の某ホテルに

向かう途中、後輪がふわっと流れたかと思ったら衝撃が…、パンクだ。

やっと走ることに慣れたばかりのにわかURALマンにとって初めてのトラブルが

定番のパンク。当然ながら修理なんてできる筈もない、すぐに社長へ電話した。

 

「大丈夫か?車載工具があれば自分でタイヤ交換なんて簡単に出来るから頑張りや」

 

「えっ、ええっ」

 

車載工具と何故かマニュアルが積んであったのでタイヤ交換は可能と言う現実。

炎天下の中、周りに何も無い山中で食べ物飲み物なしで2時間格闘の末にタイヤ

交換は無事に完了。人生初のパンク修理はタイヤ交換と言う事で一旦終了。

F5cc8a78ad55428c914201088dc4ffab

その後もパンクは2回ほど経験し、最後にはレッカー車にて自宅まで運んでもら

った。自宅の車庫では狭くてなかなか作業が出来ない。

エアチェックも出来ない、工具も車載工具のみ。

 

「URALが自由に整備できる場所が欲しいなぁ」

「なんでURALショップが無いんだろう」


そんな中で開催された2019年3月のイベント。

山野社長にふと漏らした一言、

 

「北海道にショップが無いと色々大変なんです、もう我慢出来ない」

「無いなら作ってもいいか?URALを整備できる場所」

 

まあ、そんな与太話を誰が真面目に聞いてくれる?

 

多分絶対に妄想か夢物語なそんな言葉、彼は本当に馬鹿なのである。

 

「お待たせしました!!URAL北海道を作りました!!」

 

2019年5月、URAL北海道が札幌市にひっそりと誕生。(後に店名を改名)

数日後にはURAL JAPANのホームページにURALディーラーとしてデビュ。

E629590c5d714f10aa09518fe7041663

プレオープン当日…初来店のお客様に販売第1号URAL成約となりました。

彼のお馬鹿な一言から実際に店舗が誕生し、しかももう少しでオープン二周年と

なります。道内外合わせて15台以上のURALを販売し、2020年秋…まさかの

ロイヤルエンフィールド輸入代理店ピーシーアイ株式会社と正式にディーラー提携

を結ぶ。現在2021年2月現在7台のロイヤルエンフィールド車両を販売している。

A6ab5e016a514d5cb26793b288a2ce64

URALユーザーやRE(ロイヤルエンフィールド)ユーザーが自由に整備・カスタム

出来るフリーガレージを有する「北海道Nabajo」はホンダ販売門真の北海道での

ショールームとフリーガレージの二つの顔を持つ大人のアジト的な空間です。

ご興味のある方、是非一度遊びに来て下さいませ!!ワクワクする車両が沢山展示

しております。

 

2021年3月13日〜14日に開催される予定のサッポロモーターサイクルショウ2021

にて「URAL JAPANブース」「ロイヤルエンフィールドブース」のダブルブースに

参加しております。

参加車両は 2017モデルURALギアアップNEW EFI GEN2 試作エディション、

RE Himalayan北海道Nabajo SP 、RE classic 500 military 北海道Nabajo SP

の3台を特別展示いたします。

«ROYAL ENFIELD 東京ショールーム プレスオープン3日目