2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 懐かしい方から連絡が…、 | トップページ | ファイナルアンサー、3度目の正直 »

2020年6月21日 (日)

甘い考えに驚愕の事実…、

先日仕入れたヘットライトガード、

中々かっこいいなと取り付けました。

試乗時も問題無し、で、ファイナルアンサーテストの実験中(以前から気になっていた)

にも度々出ていたフロントタイヤの揺れ問題。

「フロントタイヤのバランス」

「タイヤの肩減り」

「ステアリングダンパーのオイル漏れ」

ここ辺りが原因と予想して放置しておりました。

で先日、ファイナルアンサーテスト3回目に伴い…、

ファイナルの再々オイル交換(115ml投入)と共にリヤブレーキのフットレバーの引っ掛かりを

調整する。本車リヤブレーキの根元グリース切れかと思ったら何と側車側のブレーキシステム

の異常でした…しかしながら硬くて動かない。


Sidecar brake linkage


7番パーツと側車受け挿入部にグリースが全く入っていない…。

うん、組み付け時のグリース忘れですね。

本車側のブレーキシステムのグリース忘れは確認していたが、こっちもかい??

受け部分は入念にグリースアップ、部品は機械で磨いてグリース塗布して挿入。

はい新車に戻りました。ココも1年点検項目に加えても良いと思います。

北海道では本車・側車共ブレーキを掛けたら真っ直ぐに止まるように調整します。

本土と違い、冬季間も普通に走る為前後ブレーキを同時作動で真っ直ぐ止まる仕様

では危険なのです。

フロントはロックさせずにかじ取りに専念し、リヤブレーキのみでブレーキング

が望まれます…。(まあ北海道の冬を走れば理解できます)

で、動作テストをと走らせたら…フロントタイヤの挙動が異常な位おかしい。

「どうした…、なんだ」

特にダメージはなさそうなフロントタイヤを見ながらふと考えた。



ヘットライトガード付けたんよね…うん、間違いない。



はい、フロントフォークはこんなにもあっさりな取付方法。



Front fork

問題はココなんですよね…。

2020062101

31番32番のパーツを外し、ヘットライトガードの足部を挟めてボルトを締め込む。

問題はココの締め付けトルクだ…なんと50…。

50…???

まあ簡単にポン付けしたのだが、ボルトを新調するのは明後日の予定だったので

付属のボルトで仮止めしていた。

ココだよ…いわばゆるゆるで走ればそりゃフロントタイヤ周りに違和感出るでしょう?

S__38363156_20200621192901

惜しみつつヘットライトガードを取り外し、元に戻して規定トルクで締め込む。

再度ラン…、あれれ?感じたことのないハンドル感覚が…。


思えば2年前の納車時少し経った頃フロントブレーキホースガイド側のナットが

外れていた。危ない危ないと代わりのナットを取り付けて応急処置。

その後、純正ナットが届かないのでそのままにしていました。

見た目は締まっているように見えたナット…グラグラで発進時ジャダ起こすのを

アクセルワークとステアリングダンパーで収めていた現実…いやん恥ずかしい。


で、他者URALのハンドルと同じフィーリングになりましたとさ。


皆様、まさかと思う前に増し締めを…いやいや50だったら普通に締めても気づ

かないだろう?(ごめんなさい)


さあ、ファイナルアンサー3回目の結果は火曜日に…。

« 懐かしい方から連絡が…、 | トップページ | ファイナルアンサー、3度目の正直 »