2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月28日 (金)

残暑お気の毒で御座います…、

私は超暑さが苦手で御座います。

人の5倍は汗をかき、川に落ちてきた爺の様にグショグショになります。

当然ながら水分を取らずにいたら目眩がします。

デスクで目を閉じると一瞬でも楽になるのですが…皆に昼食後の居眠り呼ばわりされます。

すまん、ホントに寝ていたんだよね。

 

先日のサマーライドで散々走り回ったおかげでストレスフリーではおりますが、この暑さの中では

ライドに行こうと言う気になりません。(弱い自分にごめんなさい)

 

愛車と一緒にエアコンの下で除湿強モードで安眠をむさぼるのが日課となっています。

そろそろ秋ライドのシーズンの筈が…残暑でも気温33℃ってのが信じられません。

 

クールビズ延長を申請しますよ実際。(いつもなら9月にはクールビズ終了している)

 

今年のサマーライドは雨天も快適なシチュエーションで走れましたが、やはり装備の劣化がチラチラと

見え始めてきました。特にモンベル「ストームクルーザー」上下の買い替えシーズンかしら?と考えるのですが、

 

「イエローのXXLサイズがありません」

 

痩せろと言う指示は皆無です。何故かモンベル製品だけはインナーXLサイズが着用出来、アウターはXXLサイズで

今まで凌いできましたから。(US商品も超絶ありがたい)

来年は新しい商品をそろえたい。(ワークマンでは気に入った商品にXXL又はXXXLが無い)

 

スノーライドジャケットもそろそろ新しいものにしたいです。(コミネ8年前商品ですので…)

アフリカツイン時代から愛用していた5XLサイズ(地味に少々デカい)でしたがパンツだけは買い直し2着目。

 

浸透防水なんぞ言ってますがいいだけ吸い取って重くなる上なかなか乾きません。

春秋の雨天時は全くもってお使いいただけませんが宗谷ライドだけは完璧に役目を果たしてました。

インナー2枚だけでマイナス気温もバッチリ快適でした。(寒さだけは大丈夫な謎身体能力)

 

でも、半袖短パンで単車にまたがるシチュエーションは出来なくなりましたね。(着替えルームが必要の為)

 

今年の冬は二輪での楽しみも追加しようと画策している中、一体どうしよう…。

本当にアレで宗谷ライド行くのだろうか??(ちゃんとしたライダーが車両とやって来るのを期待しております)

リベンジURALで参加したいんですよねぇ、実際は。

 

URALウィンターライドin宗谷3

 

あくまでも自分自身の責任の下で北の果てを目指す!!

無理しても大丈夫、サポートトラックが後方に待機している。

昨年は悲しい事にリタイヤしてしまった。ちゃんと予備パーツと工具を持参すべきだった反省と、

不安材料を残したままスタートした馬鹿さ加減を今年は改善したい。

無故障・無アクシデントで楽しく走る。

リベンジURALなのだ。

 

相変わらずのノーピン野郎で頑張る所存…(もうタイヤは準備完了)。

 

相変わらず文章に脈絡が無い…暑さと眠さで支離滅裂状態。

来週こそオイルパン事変を期待します。(大丈夫か?)

 

2020年8月26日 (水)

二日酔い…ですねぇ、

昨日はガレージをクローズしお仕事メンバーと上司宅にて焼肉を。

正午前に合流し準備後夕方まで呑む食べる語るの三拍子。

帰りはバスにてのんびり帰宅しましたが…食べ呑みすぎたせいか夜半はトイレ周遊・体中怠く寝られない(寝すぎ)。

朝6時起床は相変わらずですが二日酔いで御座います。

 

本日は昼過ぎからオイルパン作業をと、先ずは準備せねば。

 

後、新型EFIシステムの搭載後にイグニッションコイルは古いままでしたので新型に交換する為のステーを作らねばならない。

まあ普通の平型のステーを買ってきて曲げて装着でよい。

 

メーターの電圧計不良の設定修正(メーター設定での補正)が設定値超えたら…まあ交換になるんでしょうなぁ。

保証期間中に壊れないのは頑張ってくれたと褒めるべきか否か。

 

残暑に見舞われない北の離島では今日も気温30℃という信じられない状況。

 

あらためてエアコン効いたガレージは幸せ空間と感謝しつつ、これから解放いたします。

2020年8月23日 (日)

多分ですが…、役に立ってますよ。

うちのURALさんは本当に壊れません(大破または自走不能)。

無理をすればヘットカバー脇から微かにオイルの吹き後が出ますが特に漏れもありません。

去年の春過ぎから週に二度動かす以外は完全室内保存と言う環境がいいのでしょう。

錆もありますが進行速度は相当遅いものですし。

普通のガレージと違い湿気が少ないせいでしょうか部品劣化スピードが遅いと言う事はありがたい。

雨天使用後は側車内の物を全て取り出し拭き上げ、乾燥、とどめはエアコンで除湿マックスにて一気に水分を消失。

ホント有り難いガレージで御座います。

 

新型URALのオイルポンプ性能…、60-80km/h時は何故か能力を発揮せず油温が上昇。

しかし高速巡行80km/h以上になると途端にオイル温度がやや下がりつつ上昇しづらくなる。

2017モデルとの比較でも同速度で10℃以上の差を出すこともしばしばあります。

流石は新型オイルパンとポンプですね。

 

2017モデルの油温上昇の度合いですが、外気温28℃前後での高速道路80-100km/hの平均速度における

油温は90℃~105℃、追い越しや登坂状況において110℃を指す場合もありますが大抵はアクセルオフで

100℃前後まで落ち込み安定します。

北海道でこれですから本州では温度管理の苛烈さは言わずとわかる気がします。

 

最近、アルミ洗濯ばさみの話題が出たので面白半分に左側のみ装着し走ってみました。

 

街乗り外気温30℃、平均速度60-80km/hにて30分程度、

左シリンダーに行儀よく20個のアルミ洗濯ばさみをムードガード後方シリンダー外側上部に配置。

左右の温度差は最大10℃で通常は5-8℃程度の差で稼働していました。

実際は右シリンダーでのチェックをしていませんが同様の温度差が出た場合はそこそこ楽しいアイテムに

なりそうですね。

別に確実たる性能表や結果が欲しいのではなく、たった200円の投資で少しでもオイル温度の上昇を抑える

役目を担ってくれるのでしたらとてもありがたい訳です。

キャンプフィールドでいくらでも利用する洗濯ばさみ。

タオルをロープに吊るしてクリップ。

テーブルクロスが落ちないようにクリップ。

雨降り時のバイクカバー止めにクリップ。

当然…お菓子や食料袋にクリップ。

行きと帰りはシリンダーに配置して温度開放の為にチリチリになる。

両方合わせて400円(40個)で快適レジャー。

 

より放熱面積を増やして風を当てる…というより、放熱面積を増やし熱をグングン吸い取らせる??と言う感じが

合っているように思えます。電動ファンと言うアイテムを装備もしくは緊急用ウォッシャーという魔改造をと考えも

するのですが、私の場合はこの程度で十分ですね。(まあ北の離島でのライドばかりですから)

 

派手にスピードを出さない、30分~1時間走ったら休憩をする、渋滞道路(北海道の場合殆ど無い)はなるべく走らない。

この点を注意するだけで新旧URALは普通に走れます。

 

でも、チャレンジャー精神はあるんですよね。

折角新型オイルパン&ポンプを準備したのですから。

 

次回はとうとう漏れ知らずのオイルパンを開けてしまいましょうか。

正直…漏れてからやりたい作業なのですが。

2020年8月22日 (土)

ホント、夢を抱いてみたい…、

11坪のURAL北海道のガレージ、

URAL二台がギリギリ入るスペース、

北海道ならではの機械を導入すると更に狭くなるスペース、

 

ここは、自分が自分のURALを整備したいと願い、その願いがかなった場所、

大抵のバイク店に持って行ってもぞんざいに扱われ入店させて頂けない現状、

今ではメーカーからユーザーが直接部品購入も出来ない状況の中、

快適にURALを楽しめる場として誕生してのが「URAL北海道」です。

 

色々と意見やクレームはあれど…ガレージを維持すると言う事は大変な事であります。

二倍以上の店舗で事務所とガレージを分離できるスペースなんてあれば最高ですが、

そんな予算があるならば道内ユーザーの為に部品・道具・装備を蓄えねばならない。

多分、大抵の方には理解しがたい状況かと思います。

 

オイル交換・タイヤ位自分の家の前で出来るだろう…確かに出来る。

本州ならばそこまで問題はないと思う、でもここは北海道。

1年の半年はマイナス気温の豪雪地帯であります。

特にタイヤ交換ラッシュと言うモノが年に二回あるのです。

本来ならばホィール付きスノータイヤを用意してサッサと組み替えるのが北海道らしいのだが、

URALのホィールは正直自動車のアルミホィールの10倍以上の価格とお高い。

タイヤ自体の消耗率を考えるとタイヤ組み換えが得策なのだが…昨年は8台×3本を数日で

こなさねばならない現状。

昨年週2日ペースのオープンでの作業でこれは正直キツイ。(3本ワンセットでヒイヒイしてました)

 

今年に入って…有り難い事にタイヤチェンジャーが装備されました。

実に短時間に備品消耗率の激減と作業効率のアップ。(地味に組込時のチューブ破損があったので大助かり)

 

こんなガレージでも…何もなくてもお金はかかる。

一人でも北海道にURALが走り利用して下さるのでしたらガレージは存在し続ける。

よって「フリーガレージ」と言う形態をとり個人的にうまく維持改廃する手法をとっています。

これを自力でやるとなると…途方もない資金と人材が必要になりますもの。

 

直営ディーラー…良い響きですなぁ、夢のような雰囲気を思い浮かべます。

 

北海道に100台以上のURALが走り、部品庫が装備されるのでしたらやってみたいものです。

専門のサービススタッフが居て、ゆっくり出来るショールームがあり、即日で部品が提供できるディーラー。

 

あゝ、そんな夢を抱いてみたい…、

 

はい、現実を見ましょう。

北の果てで自らがURALを手に入れ、周りにショップも修理工場も何もない離島で同じようにURALに乗りたいと

思う方に少しでも役に立てば幸いと思う次第です。

多分、これ自営としてURAL専門店を旗揚げしたらジリ貧・激貧にて潰れちゃいますね。

全てがイチからの出発ですのでトラブルなんて日常茶飯事、落ち込む事も度々。

ご来店いただくURALユーザー様には本当に感謝しております。

各員様々な特技・知恵を披露頂き助かっております。

 

自分がURALを楽しめなければ意味がありません。活動自体が苦痛になるならそもそもこの場の意味が無いのです。

設立に伴いご教授・ご協力下さったURAL関西・中部には感謝しかありません。

こんな自分の我儘をかなえてくれて、本当にありがとうございます。

自分の可能な限りの力を全て発揮し「URAL北海道」を存続・盛り上げていく。

自分自身も楽しめる場を作っていきます。

 

私はこのブログの書き手としてここにおりますが、この秋以降はURAL北海道も平日週末通常オープンと共に

新たなる代表が常時駐在いたします。

今まで以上に快適な「フリーガレージ&URALショールーム」として一歩ずつ前進いたします。

 

私も単なるURALユーザーとして普通に利用できる場になり、少しは走りに行けるようになるかなぁ、

これもまた夢の続きなり…、

 

2020年8月19日 (水)

体力の阻止限界点

久しぶりに体力気力共に阻止限界点を超えてしまいました。

昨日はグッスリ寝ました。

 

でもって本日体調は回復。

 

サマーライドの疲労が後日出て来るような歳になったんですわ。

お恥ずかしい限りです。

 

 

2020年8月18日 (火)

サマーライドお疲れ様です。

緊急事案)2014モデル~2018モデルURALインジェクションモデル(ケイヒン換装1号機~5号機は除く)

事案状況)エレクトロジェット社製スロットルボディーL側の故障による走行不能・その他の異常状況の件

詳細説明)大雨・雨天保管の際にECUカバー接合部からの浸水により回路自体がショート・誤作動が発生、

     アイドル不調からエンジン停止、再始動不能になります。(問題はその後の発生)

 

実はこの事例自体は過去から連なる逸話なのですが、今回は色々と謎が解けました。

 

今年の年始早々1月1日晩…私は情けない事に宗谷ライドの帰路中の旭川にてエレクトロジェット破損により

エンジン始動不能となりレッカーされました。

後日、自費で購入したエレクトロジェットを搭載しテストするも不調はそのままに。

泣く泣く新型EFIシステムGEN2を即換装する事で諸問題全てを解決いたしました。

今回は換装初の長距離ライドテストを敢行、サマーライドin弟子屈を完走いたしました。

現状ケイヒンインジェクションには問題は御座いません。

 

ライド出発の4日前に本州からURALマンが当ガレージに来店いたしました。

お会いしたいと前々から思っていたT.I氏、カウル付きURALはネット画面で何時も拝見しておりました。

3時間程の対談にて様々な話題で盛り上がりました。

中でもエレクトロジェット(EJ)の話題は、互いに被害後に交換している件で大いに笑いました。

I氏はその後天候不順なれど宗谷地方に向けてURALを走らせる。

私は2日後にはサマーライド開始と言う事でワクワクドキドキガレージにて準備を。

 

出発前日の午前に訃報が届く…。

 

「EJ故障、ワレ走行不能」

 

まさかの暴風雨被害か?民家も街も無い原野にURAL不動。


緊急報告)EJ(L側)の不調・破損にかかわる二次被害の件

配線図を確認するとバッテリー電源がメインキー以外に直結しているECU Lユニット。

バッテリーが生きている限りEJに電力が通っています。と言う事はショート・不具合が

発生した場合の二次災害の状況をお知らせいたします。

 

メインキーOFF状態でもECUには電力が回る事がある。

キーを抜いた状態で燃料ポンプが作動している事例を確認いたしました。

と言う事は燃焼しない状態で燃料ポンプがバッテリーアウトになるまで作動。

タンク内に逆流したガソリンはエア抜きを通って車両外に放出されました。


イグニッションコイルの融解する事例を確認いたしました。

同じくキーオフ時にイグニッションコイルに異常電流が流れ本体が融解しました。

 

一時稚内某工場に回収されたURALでしたが、保管中にガソリンの流出を確認し

車体各部の異常有無を確認いたしましたが燃料系のパーツに不具合無し。

 

その後イグニッションコイルの融解を確認する。

この2例が同時に発生していた場合、間違いなくURALは火だるまになる可能性が…。

 

ガレージに強制搬送し、山〇社長と状況を確認する。

先ずはバッテリーが上がっている点が問題の焦点に。

実は先日バッテリー不良の為新品交換した後の北海道ライドを開始したと言う点。

つまりバッテリーが上がる原因を調べなければならない。

新品バッテリーを取付けた途端に燃料ポンプが作動、ひたすら唸っています。

キーも刺さずに何故ポンプが動く??

ヘッドライト裏のヒューズボックス内のヒューズを全て確認…切れていません。

但し、上部ヒューズを抜くとポンプが止まる。

EJのカプラーを外すと同じくポンプが止まる。

代替品のEJにカプラーオンしてもポンプは動かないが不具合出たEJでは作動する。

 

EJを開封する事にしました、が既に3つある固定爪部分のうち1個が浮いている。

開封したら中から水が大量に流出している。当然基盤は浸水状態です。

 

話を聞いたら以前も同様にECUが故障し新品に交換しているようだった。

交換してから2年過ぎでの再故障。

 

偶々あった予備EJのお陰で修理完了、融解したコイルはガレージ予備パーツにて

修理完了。

 

いきなりバッテリーが上がったという現象が起きた場合、各種電源の付けっぱなし

以外にこのケースを頭の中に入れておいた方が無難ですね。

 

実は私のマシンも昨年末のクリスマスライド時にアイドル不調・バッテリー新品なのに

直ぐに上がり気味と言う症状を見せていましたが原因は謎でした。

今回の件でつじつまが合わない点の点と点に線が引けた気がしました。

 

私も年末宗谷ライド前に既にECUに不具合が出ていたと言う事になります。

 

色々な細かな事情は後日ゆっくりと…。

 

サマーライドに関しましては、

炎天下での久しぶりなURALライドが楽しめました。

必ず最低限の予備パーツと車載工具以外のメイン工具は携行するのが吉。

次郎牧場にて再度EJの再換装を行いました。(別な理由で交換)

 

 

2020年8月 5日 (水)

いきなりリトルカブミトラ完成

精神的に攻撃を受けた傷が全く癒えませんのでリトルカブを自分用にチョイスしました。

ついでに昨年から展示していた「ミトラ」を実戦配備する事に。(ごめんなさい社長…)

少しだけ気分が向上いたしました。(玩具大好きマンですので)

 

S__38961155

とりあえず週末のURALライドの準備を始めます。

最低限のキャンプ道具と整備工具・パーツ類をパッキングし積載。

後はバッテリーの補充電のみで御座います。

側車側のブレーキパットのアタリ調整とグリスアップ、前輪のリムクラック確認

を済ませた後、カブの作成に取り掛かります。

S__38977563

二等兵氏の手厚い協力にてリトルカブ・ミトラ堂々完成。

早速熱帯夜の国道5号線を試走してみました。

S__3948568

後に何か付いている感覚は全く無し。

ちゃんと牽引され走行ラインを追従いたします。

これは直ぐにでもキャンプに行きたくなる仕様ですね。

雨男な私でも濡らしたくない装備は全てミトラに収納できる。

ミトラの収納スペースはURALのリヤトランクルームより若干広い。

テントとシュラフ・テーブルと椅子・着替えと食料全て呑み込んでくれます。

S__1277975

リトルカブには火器類を詰め込んだ小型ボックスか防水バックを括り付けたら

完成です。

うん、これはいい代物だ。

 

2020年8月 2日 (日)

限界突破〜パンツな話題

はい、既に日中の仕事だけで体力がゼロになってます。

メンタル的には補填されても体力だけは補填されません。

寒さには人一倍耐えられるのに暑さだけはアウトです。

道東にでも行けば夏でも寒いくらいに涼しくて半袖でもいい感じになるのですが、

正直札幌ではパンツ一丁になりたい。(即逮捕)

 

先日大雨の中での実家帰宅ライドにて水温計が60℃前後を指していたので調子に乗って

高速道路にて一般車両と一緒に走ってしまいました。

エンジンは正常…ですがファイナルアンサー…やはりオイルを吹きさらしてしまいました。

 

A417345900a0435ab18e2c00bc15aa92

うむ、5ccは吹いてしまったかしら。

最近はこの様に小袋に紙ウエスとタイラップで即席受け袋をつけています。

非常に役に立ちます。

 

さあ、明日の仕事が終わったら二日間の休暇が待っている。

 

ライド後の調整と修理をしないといかんなぁ。

ついでにヘッドライトガードの下部ボルトの新調と装備、ヘタレライダーの雨具準備を

しなければなりません。

 

めいっちの雨具ラインナップ

 

モンベル ストームクルーザーXXL上下

LLビーン ゴアテックスレインパンツ

中田商店 ゴアテックスACUジャケット&ふぃれ氏に依頼して入手したACUレインパンツ

快速旅団 フィールドラカン・ジャンパー上下

 

春秋はフィールドラカンが一番助かります。来たままでコンピニにも入れますしキャンプも出来ます。

夏場はストームクルーザー上下が快適ですが半袖で上着を着ると完璧に腕に張り付きます。

道東ライド深夜版の場合…フィールドラカンかゴアテックスACUジャケットか悩みますが、雨が少ない場合フィールドラカン

にしておけば問題はありません。

ここでなぜLLビーンのパンツが登場しているのか?

 

私の体型上、どうしてもお股にシワができて雨水が溜まりなかなか有難い浸水プランが発動する訳です。

しかし、LLビーンのパンツは前空きがありません。

 

スポン<LLビーンパンツ<フィールドラカン&ストームクルーザーパンツ

 

これで台風でも問題なくお股はフルドライ化できる訳です。

本当でしたらゴアテックスデカトランクスなんてものがあれば即実戦配備です。

 

10代後半から雨男伝説を刻んできた私にとって、単車ライドに関して単車よりもコダワリと実績ある商品を揃えてきた。

その中で色々と壁はあるもので…巨漢なボディーに見合うサイズ展開しているメイカーはホント少ない。

USモンベルなんかは非常にありがたいのだがなかなか商品を手にして試着できる機会はない。

快速旅団とモンベル・一部LLビーンだけは私の欲しているサイズがある。(いつまでも存在しているわけではない)

 

一昨年から15kgほど減量に成功したおかげで捌けるラインナップも少なからず増えてきたがワークマンのレインパンツは

相変わらず一本くらいしか無い。(しかも派手なカラーで)

 

結果的に上記合羽をフル装備でURALに乗り込むことになる。

 

今思えばハーフコートタイプのフィールドラカンならお股問題を解消できたかも知れない…と思ったがメイカー廃盤にて

多分4Lなんてないんだろうなぁ。

 

なんかいい方法はないものか…いやチャック無しインナーパンツでいいじゃ無いか。(笑)

 

8385f850f39e4980a5635b88c7a3a3d6

あと気になるのは靴問題。

今まではバイク用ブーツなんて一回しか買ったことはない。(コンプ5)

お股同様かそれ以上に辛いのが爪先からかかとまでの浸水。

今回の大雨ライドでデルタ6は完全浸水(履き過ぎでゴアテックス機能ほぼ皆無)した。

実際にこのデルタ6は靴性能チェックの為に365日吐き続ける事3年以上も使い完全に

へたりまくっていた。

先日のライドではブーツカバーを使わず…ついでいうと浸水した為にインナーソールと靴下が仲良しとなり

素晴らしい異臭と生臭さを奏でている始末。

なので靴に関してはなるべく濡らしたく無い為にブーツカバーを利用しています。

5年以上前からコミネのロングブーツカバーを使用していますがそろそろ生地から浸水

している様です。

 

昨年、ワイルドウィングのフラミンゴを買ったのだが勿体無くてガレージの棚に飾っている。

これならば問題なくライド出来るのだろう…て言ってる間に噂のレインカバーも買ってしまった。

 

 

使いたい・・・でも間違いなく裂けそうだ。

 

 

うん、レインカバーと新しいデルタ6を買うとしようか…、(笑)

 

今年のお盆連休も間違いなく雨オンパレードだろうなぁ。

皆様には大変申し訳ございませんが、私がライドすると間違いなく(100%)大雨です。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »