2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 待ってましたよ、 »

2021年1月14日 (木)

私は元気です。

年も開けて全く書き込まれていないのがおかしいって思った方…。

はい、仕事が忙しく、同時に体調も芳しくなく自宅に戻ったらバッタんきゅー。

気が付けばガレージが毎日解放されるようになったり、

左手(薬指と小指)の痺れが全然取れなかったり、

布団に横になると頭がキューっと地の底に落ちていく様な感覚とか、

 

まあ25年前は年間休日12日位一日平均三時間程度の睡眠でも無敵でしたが、

今ではなかなかどうして体が言う事をきいてくれません。

 

裏庭ライドの結果ですが…お陰様でウチの看板URALは無事に生還し現在も不具合無しの状態です。

先日走行時に何度もショートしたようなバツンパツン音がしましたが多分気のせいなんでしょうね。

発火もしませんし、アイドル不調にもなりませんしライト等の瞬きもしません。

(URALから発生した音かも不明)

03b9218e06774c6da5485d240a997492

氷点下マイナス20℃前後の世界でURALは普通に走ってくれました。

偶にブレーキパットがローターに張り付いて凍っていたり、偶々シフトレバーを

つま先で持ち上げゴムが飛んで行ってしまったり、

ハンドシフターのバック用ノブ(球形)が無くなっていたり、デイトナのタコメーターが逝ってしまったり。

 

小さなトラブルはいつもの事ですが、問題は新型EFI換装キットGEN2です。

4cfd2122ea8743518a7a5c29eccf4ad4

未だに日本ではプロトタイプ2個と市販品3個しか出回っていないというレアアイテム。

しかも驚く事に市販品1個はURALJAPANの若きエースが自前で装備した。

(後日新しいオーナー様へ嫁いだ)

残りの4個は…まさかの当ガレージにてURAL装着いたしました。

何とも有難いのか不運なのか…、そんなにEJのノロイが凶悪だったのか。

気分はもうガンバですよね。

S__34766853

ホントこのEJには何度も煮え湯を飲まされました。

アイディア的には画期的で面白いスロットルボディーなんですよねぇ。

何せECUがドーンと2個並列で付いてるんですもの。

まあ制御回路も2系統独立型でしたらもっと良いんですが…実際はどちらかが

違う動きをする2個で一対と言う感じなのです。

大体悪さするのは左側のECU、燃料系制御の方です。

S__34766858

見事に浸水しておりました。

まあ色んな不具合を経験しましたが、キーオフ状態で燃料ポンプが作動したり

イグニッションコイルに電気が流れっぱなしになるというトラブルが一番痛い。

コロナ関連で現在も商品の生産が止まっているようですが、今現在もキーオフで

ガソリン吹いたりイグニッションコイルから発火したりと起きていないか心配で

仕方がありません。

04796984787f4ae089de6a1221d681e9

まあ折角本体バラすんだからとハンドシフターを装備したりレトロテールキット

を装備したりと宗谷ライドリタイヤ後の1年前は色々と楽しみましたねぇ。

ハンドシフターのフレーム下部取付マウントの難解さは今でも恐怖です。

ポン付け出来ないとロシア製のアイテムって本当に玄人志向っぷりです。

0759927dab7a4e69b9c5aeeb3fdc066a

それに比べレトロテールキットは安易に装着可能な雰囲気を出していますが、

これもまたロシアアイテムと言う事で…キットの中身は完全にカラで御座います。

おいおい、バルブまで別売りってどういうことだよ?

サイズに合うダルマ球が北海道内何処にも在庫していない事実を知って驚愕。

(即LED化を実施致しました、どうせ部品が売っていないのだから)

9227f42c15f4440ea939104cd11b3b1d

実際にURALをバラシてみるといろいろ勉強になります。

自動車と比べてワイヤリングが簡素でしかもわかりやすい。

ですが理屈に合わない配線の配置箇所が沢山あり念入りに写真を撮りながらバラシ

を行っていきます。実際にエンジンを下ろす所までガレージで体験いたしました

が補修パーツが無い状態では絶対に行いたくないですね。

9eb56fa17a974853b9e3a16627777118

この状態でハンドシフターを取付出来ると非常に簡単に装着できます。

まあフレーム下部マウント取り付けだけは何をしてもアウトですが。

バッテリーからリレー経由でアクセサリー配線を新たに構築する場合もこの状態

で新しいワイヤリングと共に実施すると綺麗に配線を纏める事が出来ます。

ヘッドライト裏からバッテリーまでの間のワイヤリングは全て交換となります。

2014モデル~2018モデルのヤレたワイヤリングを新しくするという工程も同時

に実施出来るのでパーツ自体の価格(約28万円強+α)も納得です。

安いか高いかはオーナーの心次第と言う所です。(私は正直安いと思ってます)

60ac010be8034619a41ed73062eafce8

水平対向の綺麗なレイアウト、普段はタンクが邪魔で見えない風景ですよね。

時間があるのならピストンが見えるまでバラしてみたいのですが、私自身不調に

なるまでは開封の義はお預けでしょうね。

S__35561482

この時期にURAL関西から試供品で届いていたGPRアップマフラー…正直装備した

かったのですが、公道走行不可と言うお役所様のご命令に背く事も出来ずに断念。

_dsc2527__64223151092897112801152

URAL下方のクリアランスが解放され、同時に左マフラーの火傷対策にも十分に

有難いアイテムなんですが、早い所標準装備にしていただけないものだろうか?

 

昨年の反省を踏まえてちょっとだけおさらいしてみましたが、まあ気分も良く

なって来ましたので早めに寝るとしましょうか。

 

早く休暇が来ないかなぁ、まあ雪上URALは本当に楽しいのですよ。

 

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 待ってましたよ、 »