2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 消費税という名の悪夢 | トップページ

2024年6月18日 (火)

恥ずかしい話、

猟友会と市の見解が…なんて話題がTVやネットで騒がれてますが、

考えて見たら5年間ボランティアで活動していて500万円以上払わされ、終いにはガレージ家賃迄自腹。

でもって売り上げの9割は取り上げられ1割と残りの残金で光熱費。家賃は自腹。

挙句に消費税と称した更なる支払い要求。

 

今思えばお小遣いなんて1ミリも頂かなかったって事にホント感謝しかありません。

帳簿は全て現存しているのでいつでも弁護士(いつもありがとうございます)に手渡せます。

 

ホント、ちょっとした気遣いと常識論で継続だったんですが。

 

ボランティア活動はあくまでも休日のお手伝い。

お金を支払い(将来バイク店が出来るから先行投資的なうたい文句で)強要される時点でNG。

ガレージ家賃、最低限の光熱費、ボランティア時の交通費と食事代以外は全て吸われても良かったんです。

 

永続と継続が主、お客様への礼儀と販売責任

 

まあ、相当儲かってると思われたんでしょうね。

そんなわけがありません、いつも赤字で火の車。

ボランティア本人が自腹で用意する新車。

そこで支払いってる消費税までも支払い要求する子供染みた行為。

ボランティア本人が自腹で用意した軽トラ。

夏冬タイヤ大変だろうとほぼ新品手渡したがお礼どころか反逆者認定。

5年間ほぼ全ての休暇を捧げ、得た物はストレスでの脳腫瘍とヘルニアのWコンボに胃潰瘍、大腸にも何かある。

スタッフは家族なんて戯言を平気で語り、終いには無賃でシバく所業。

 

確かにカルト集団的になってますね。

 

それでも、経費を出すから手伝えと言われたら喜んでボランティア致します。

まあそんな事は別次元で行われる所業。

現実は無い。

 

害をなすなら裁判、全ては手の内にある。

害をなさなければ墓まで持っていきます、恥ずかしいから。

 

年齢的に…お互いもう先は短いのだから。

 

人は簡単に騙される。

今までいたペテン師の中では一番つまらないと感じました。

セコスギテ。

 

 

« 消費税という名の悪夢 | トップページ